高島 勇二の出身地の魅力を紹介します

バナー

高島 勇二の出身地の魅力を紹介します

高島 勇二は埼玉県春日部市出身です。
非常にのどかな町で、住宅地がたくさんある地域として知られています。
また、地価も安いことで評判です。
春日部市は東京から、東武伊勢崎線で北上して行くことが可能で、準急(急行)で1駅通過するごと、地価が5%ずつ安くなっている傾向がありそうです。
北千住、西新井、草加、新越谷と越谷、せんげん台、春日部と移動するに連れて、土地の値段がどんどん安くなっていくのです。
そして春日部駅は快速が停まります。
それに乗れば、北千住まで一本です。
乗客もあまり居ませんので、悠々席に座ることも可能かもしれませんよ。
高島 勇二が春日部駅から岩本町駅(東京本社)まで行くのでしたら、乗り換えは北千住駅での一回で済みます。
各駅でしたら、日比谷線直通ですね。
なお、高島 勇二が代表を務めるMCJ東京本社の最寄り駅は神田駅ですが、北千住駅を経由する人達は山手線への乗り換えがしにくいです。
おそらく、高島 勇二が利用するとしたら、東京メトロだと思います。

高島 勇二の出身地である春日部市は住宅街になりますので、めぼしい観光名所はありません。
むしろ、埼玉県の南側はみんな住宅街なので、観光に適した施設はほとんどないと思います。
簡単に思い付くものでしたら、さいたま市の「埼玉スタジアム2002」と川越の古き街並みくらいでしょうか。
少なくとも、春日部市は修学旅行の観光地としては不向きです。
ただし地元ならではの祭りは有名です。
4月の最終日曜日に行う藤祭りは、毎年大勢の方が訪れます。
ホームページを覗いたところ、18万人も来たと書かれています。
いま、高島 勇二がどこに住んでいるかは分かりませんが(東京本社に近いところかも)、毎年この時期にはこのお祭りに参加しているかもしれませんね。
春日部駅西口のちょっと進んだところから春日部保健所まで続く道を歩行者天国にして開催されていますので、気になる方は是非来てください。

お買い物ならイオンモールがおすすめです。
駅から大分離れていますが、近隣の方は車を利用してよくここで買い物をしています。
4年前にできたばかりの大型デパートで、全部で180近いテナントが中に入っています。
もちろん、春日部駅前(西口)にもたくさんのデパートがあり、そちらで買い物をするのもオススメです。
高島 勇二も幼少期は駅前の店舗を利用したと思います。
流石に高島 勇二が利用したのは30年近く前になるので、今もその店舗があるとは限りませんが、春日部市は非常に住みやすい高い人気を誇ります。

Copyright (C) 2016 高島 勇二の出身地の魅力を紹介します All Rights Reserved.